WordPress テーマ開発のテストで使うプラグインやファイルのまとめ

WordPress日本語公式ドキュメント → https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88

Theme-Check

テーマチェックプラグインはテーマをテストし、最新のテーマレビュースタンダードのスペックへの対応を確認する簡単な方法です。これで、WordPress.org のテーマ提出時に使われているものと全て同じ自動テストツールを、あなたのテーマに対して実行できます。

テストはシンプルな管理メニューを通じて実行され、全ての結果は一度に表示されます。これはテーマ開発者、または最新の WordPress テーマスタンダードと実例をテーマがサポートしていることを確認したい誰にとっても、とても便利です。

https://ja.wordpress.org/plugins/theme-check/

外観 > Theme Check からテスト可能!

日本語版テストデータ

https://github.com/jawordpressorg/theme-test-data-ja

もしくは(直接)→ https://raw.githubusercontent.com/jawordpressorg/theme-test-data-ja/master/wordpress-theme-test-date-ja.xml

いろんな場面を想定したテスト記事やファイルが用意されています。インポートして表示や動作に問題がないか確認できます。

WordPress-Coding-Standards

Windows環境に「PHP_CodeSniffer」と「WordPress-Coding-Standards」を入れる!

導入方法は上記を参照。

WordPressのガイドラインに沿って作られているかどうかを細かい部分をチェックしてくれます。空白とかコメントとか。。

プラグイン「Theme-Check」との違いは、

「Theme-Check」は古い関数とか、CSSのやらなきゃいけない指定とかを指摘してきます。

一方で「WordPress-Coding-Standards」はさっきも言いましたがコメントとかタブとか空白とかの細かい部分を指摘してきます。

両者は基本被らない認識でいるので両方チェックしておいた方が良いかと思います。

PHPUnit

テスト駆動型開発と呼ばれるもので、テストを先に書いて、そのテストに通るようなコードを書きましょうというものです。

コード → テスト という流れでなく、

テスト → コード という流れです。

WordPressにおいては、プラグイン開発で主に使われてきた手法ですが、テーマ開発でも利用できます。

PHP mess ditector

あとで…

Sass-lint

あとで…

JSHint

あとで…

Gulp

あとで…