WordPressの「page」と「paged」の違い

pageとpagedは似ているようで違います。

あまり意識することはないと思いますが、ハマると何時間も無駄にしかねないので整理しておきましょう。

pageは投稿などの個別記事

pageは投稿や固定記事などの個別の記事が対象です。

例えば、<!--nextpage-->で記事を分割した場合のページ番号の取得方法は、get_query_var( 'page' )です。

global $page;でも同様です。

pagedはアーカイブ記事

pagedはアーカイブ系の記事が対象となります。

ページ番号はget_query_var( 'paged' )で取得できます。

global $paged;でも同様です。