ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

年末には1年を振り返るみたいだから、私の激動の2013年を振り返ってみる。

      2016/03/30  

medium_3273951718
photo credit: Kaptain Kobold via photopin cc

健康的なニートになる!
どうも。パンジー(@panzee8)です。

2013年も残す所あと3日。
ブログを書いている人達は、続々と振り返りのまとめ記事を投稿していますね。

私も振り返りたい所ですが、
本格的にぱんぶろを始めたのは、2013年11月上旬!

これじゃあねぇ・・・。
あまりにも振り返る日数が少なすぎて説得力に欠けると思うので、
今年はあきらめます!

来年の2014年こそは。
もしこのまま続けていれば、
これでもかというくらい振り返りまとめエントリーを書いてやりますよ!

ということでまとめ記事は諦めたんですけど、
2013年という年は私にとっては大きな変化の年でした。

そう、サラリーマンを辞めた記念すべき年なんですね。
まとめ記事を書けないうっぷんを、私の2013年の人生振り返りで発散します。

スポンサード リンク

面白くなかったサラリーマン時代

とにかくサラリーマンが面白くなかったです。
以下、愚痴っぽくなるんで注意!

主体的に動けと言われるけれど、動いた所でやれる仕事はほとんど変わりません。
変わるのは、上司の評価くらいだと思ってました。

5年上の先輩を見ても、10年上の先輩を見てもやっていることなんてあんまり変わってません。
変わるのは、ある限られた範囲内での仕事のこなせる量だけです。

先輩や上司は、「なんでこんなに頑張れるんだろう?」と不思議でならなかったです。

私自身のできの悪さもサラリーマンが嫌になる原因でした。

ほぼ毎日注意もしくは怒られていたし、
何度も書類が突き返されるたび、「それならおまえが書けばいいじゃねーか!」って思ってました。

その割には給料をもらってたんですよね。
全然自分の能力に見合っていない給料。

もっと正当に評価されるべきだとも思ってました。
できの悪いやつに、「なんでこんなにも給料を払ううんだろう?」という違和感。

  • 自分のサラリーマンに対するモチベーションの低さ、
  • モチベーションが低いから、向上心も持てない、
  • 自分に見合わない給料、

私は、この会社にいるべきではないとずっと思ってました。
サラリーマンで働くならお金が少なくてもフリータの方が幸せだろうと。
そんな私のサラリーマン時代。

ネットワークビジネスも・・・

心が弱っていたせいか、ネットワークビジネスの勧誘に簡単に乗っちゃいました。
これは2013年よりもう少し前の、2012年の11月ごろですね。

サラリーマンとは違い、時間的にも経済的にも自立している人達の話にめちゃくちゃ共感したのを覚えています。

知っている人もいるかもしれませんが、
ネットワークビジネスで勧誘する時に使う最初の一手が、

「金持ち父さんと貧乏父さん」を読ませることなんですね。

この本は私に大きな衝撃を与えることになりました。
こういう生き方もあるんだと初めて知ったのです。

実際にネットワークビジネスの話を聞いてると、
やってることに、かなり違和感がありました。

  • 毎週末にあるセミナー、
  • 友達作りという名の、商品を買わせる人探し、
  • 欲しくもない日用品を買う必要があって、
  • 自由を手にすると言いながら、毎日を忙しそうにしている人達。

これは自分が求めているものとは違うと思い、
途中から行かなくなって、最終的には関わりを絶ってしまいました。

ただ、私の脳をビジネス寄りに変えるキッカケを与えてくれた出来事だったことは確かです。

株をやってみる

そんな私が次に始めたのが株です。
たしか2013年の2月ごろだったと思います。

始めた理由はアベノミクスというバブルが始まっていたからですね。
当時「誰がはじめても儲かる」と言われていた株に手を出しました。

株に関する知識ゼロの所から始めましたが、
確かに簡単に儲けることができました。

ドワンゴなんかは、超会議が始まってからストップ高を連発していて、
2日で14万円ほど稼ぐこともできましたね。

ただ、株も私の理想とは違う気がしました。

儲けは確かに出てますが、

  • 自分で稼いだ感覚が全くなく、
  • チャートに張り付いていないと不安で仕方ありません。

株へのモチベーションがなくなった私は持っていた株を全部売って、
株用の口座から全部銀行口座に移し替えて、それからは一切やってません。

Youtube動画での出会い

株もネットワークビジネスも、サラリーマンと並行してやってました。
会社への通勤中とかに、ビジネス関連のYoutube動画を見て勉強したりもしました。

そんな時に、ある人と出会います。
その人をSさんとしておきます。

Sさんは、Youtube動画の中で、顔を出して自分語りをしていたんですね。

昔の自分なら、
「こいつイタいやつだな~」とすぐに【戻る】ボタンを押していたでしょうけど、

顔を出してまで自分のことを話しているその人がめちゃくちゃ凄いなぁと思えました。
しかも、話している内容が全くカッコいいことじゃないんですね。

入社して数カ月で上司とけんかして退職して、実家暮らしのニートで稼ぎがほとんどない、
ということを話しているわけです。

で、仕方なく物販というビジネスをしていると。

Sさんが無性に気になった私は、アップしている動画とサイトを全部見て、
物販とはどういうものかを知りました。

理屈は分かるし、簡単そうだし、自分にもできるかもしれない!
ちょっとやってみようかなと思ったわけです。

物販をやってみる

それからは、Sさんのメルマガに登録して、物販の勉強を始めました。
ヤフオク、e-bay、paypal、オークファンに登録し、
毎日、海外と日本で価格差がある商品を探してました。

ただ、結局取引することは一度もなかったです。

Sさんは、実はアフィリエイトも行っていたんですね。

最初は、物販をやる気満々でいたんですけど、
アフィリエイトの事を知れば知るほど、
自分の理想の形に近いビジネスだということが分かってきました。

だから物販を始める前に、アフィリエイトを始めちゃったんですね。

アフィリエイトをやってみる

アフィリエイトのノウハウなんてなかった私は、Sさんの提供していたノウハウを丸々コピーしました。
割と量産系のやり方で、とりあえず最初のひと月で10サイト作りました。

Sさん曰く、「10サイト作れば3ヶ月で最低1,000円は稼げるようになる」と。
実際に3ヶ月目の私は、1万円以上稼げるようになってたと思います。

その時に、
サラリーマンで給料をもらうのとは違う、
自分で稼いでいる感覚があったんですね。

そこからさらにサイトを作ったり、
この「ぱんぶろ」を立ち上げたりして今に至っているわけです。

サラリーマンを辞めちゃった

そんなこんなでサラリーマンを辞めちゃいました。

アフィリエイトでもなんでもいいけど、
ちゃんと稼げるようになってから辞めればいいものの、
月の収益が1万円くらいの時に辞めちゃったんですね。

後悔はしていません。はい。

そのまま続けていても、肉体的にも精神的にもすり減らすだけだったろうし、
辞める時には、最悪の場合、一生フリーターでいる覚悟もできてました。

そして今でも十分に稼げていないわけですが、
今後どうしたものですかね・・・。

さて、これからどうしたものか

これは、割と切実な問題です。

一時的に実家で生活させてもらうことにしてたんですけど、
さすがに25歳にもなって実家暮らしは居心地が悪くなって、
一人暮らしを始めました。

そうなると、問題になるのがお金です。
現在アフィリエイトで月に稼げている額は4万円ほど。

当然貯金を切り崩しながら生活しているわけですが、
このままだといつかはなくなります。

かなり切実な問題ですね。

バイトをするのか・・・。はたまた正社員になるのか・・・。
貯金がなくなるまでに稼げるようになるか・・・。

今の私には分かりません!
その時になればなるようになるんだと思います。

ザ・現実逃避。

こうやって2013年を振り返ってみると、色んなことをやってたなと思わされます。
過去を振り返っても、これだけ激動の1年はなかったんじゃないでしょうか。

良かったか悪かったかは分かりませんが、
2013年がパンジー史に残る1年であることは間違いないです。

来年2014年を振り返った時、今年よりもさらに激動な1年であれば、
それはきっと楽しい人生なんじゃないかなと個人的には思います。

それではみなさん良いお年を!
(明日もブログ書くでしょうけど。)