ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

amazom.comからの「この度は商品のご購入誠に有難う御座います。」は迷惑メールなのでご注意を!

      2016/02/25  

medium_9654855076
photo credit: Ben K Adams via photopin cc

なんか最近、迷惑メールが巧妙になってきている気がします。
先ほどこんなメールが届いて、かなりドキっとしました・・・。
amazon_meiwaku
amazon_meiwaku2

エルメスで1,944,000円(税込)をamazonから購入???

・・・少し考えて、

「アカウントが乗っ取られたー!!!!」

という結論に至ったわたしは、引っかかりやすいタイプなのかもしれません。

一旦落ち着いて、冷静になって調べてみると明らかに迷惑メールだと分かりました。
他の迷惑メールも同じだと思うので、
どういったメールが迷惑メールなのか?

その見極め方を今回のメールを例にして紹介していきます。

スポンサード リンク

宛先を確認!!!

とにかく宛先を確認してください。
見に覚えのないメールが来たら、1に宛先です。

ここれ言っている宛先は、メールに表示されている宛先ではなく、
メールアドレスのことです。

最近はご丁寧に、あっちがメールアドレスと紐付けている名前が表示されるようになっています。
(自分が登録している人だけにしてほしいものです。もしかして設定できるのかな。)

今回で言うと「amazom.com」がそれに当たります。
「amazom.com」なんて書かれると、ホンモノっぽく感じちゃいますよね。

表示されている宛先はまやかしなので、確実にメールアドレスを確認するようにしてください。
今回のメールアドレスを確認すると、
「bb4e6e75875679a71aea2dacd2e87b44@post3ad.0wvhoz.biz」

というアドレスでした。
明らかにおかしい。
正式な企業であれば、ドメイン部分(@以降)に企業名を表すものが入るはずだし、
無駄に長く、かつ意味不明なアドレスにしません。

ということで、メールアドレスからほぼ迷惑メールであることがわかります。

いや良く見ると表示されている宛先もおかしい!

冷静さを失い見逃しがちですが、メールアドレスをカモフラージュするために表示されている宛先も変です。

表示されている宛先は、
「amazom.com」

・・・ん?
アマゾム?

そう、amazonではなく、amazomになっています。

おそらく全く同じ名前にすると何かしらの法に触れるのでしょう。
以前LINEの迷惑メールがきた時も、LiNEとなっていました。(Iが小文字)

落ち着いて見れば、はじめからおかしなメールだったわけです。

念のため公式サイトでも確認

ここまで確認した限りでは、間違いなく迷惑メールなんですけど、
念のため公式サイト(amazon.com)でも確認します。

どこを見るかというと、ずばり注文履歴です。
自分が過去にamazonで注文した一覧が表示されるので、
ここに載っていなければ、amazonで注文していないということになります。

では見てみましょう!
(上が最近購入した商品)
amazon_meiwaku3

うん、ないですね。
一安心しました。

それでも不安なら公式のお問い合わせに確認

それでもまだ不安だという方。
公式サイトのお問い合わせに確認してみてください。

決して、届いたメールからお問い合わせしないように。
今回のメールもご丁寧に
「※こちらのメールに身に覚えのない場合、お手数では御座いますが、下記よりお問い合わせ下さいませ。」

とリンクを貼ってあります。
見に覚えがあるわけねーだろ、ボケって話ですが、
自分が買っていないことを早く伝えないとと焦ると、こういったリンクを踏んでしまいがちです。

お問い合わせするにしても、
メールからではなく、必ず公式サイトにアクセスして、
そこからお問い合わせするようにしましょう。

まとめ

迷惑メールのリンクって踏んだことないんですけど、
今回は初めて踏みそうになりました・・・。

「見に覚えがない方はこちら」なんてリンクが貼ってあるから・・・。
(迷惑メールのリンクって踏んだらどうなるんだろ?)

わたしみたいな人が引っかかるんだろうなと思いつつ、
見に覚えがないメールだからこそ、冷静になって対処すべきだと改めて思いました。

ちょっとおかしいメールが届いたら、今回紹介した方法を実践してみてください。

  • 宛先のメールアドレスを確認。
  • 企業名の確認。
  • 公式サイトの確認。

この3つが確認できれば、迷惑メールだと判断できるはずです。
はぁ・・・、なんかちょっと疲れた。