ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

STINGERテーマを使っている初心者が最初に入れるべきWordPressプラグインは「こいつら」だ!!!

      2016/04/15  

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
photo credit: thisismyurl via photopin cc

もはや何番煎じか分かりません。
最初に入れるべきWordPressのプラグイン集です。
(自分で新しいサイト作るときに、いつも忘れてしまうので、その備忘録も兼ねてます・・・。)

STINGERはデフォルトでその辺のプラグイン同等の機能が備わっていたりするので、
紹介するプラグインは6つだけです。

それでは順番に見ていきましょう!

スポンサード リンク

All In One SEO Pack

plugin_01

もはや説明不要のSEOを意識するなら、絶対に入れるべきプラグインですね。

できることを簡単に説明すると、

  • 検索結果で表示されるタイトルと説明文の設定(トップページも個別ページも)
  • ページごとのノーインデックスやノーフォローの設定
  • オーサー情報やアナリティクスの設定
  • サイトマップの生成と通知
  • ソーシャル(facebook)への表示最適化

などなど、
優れた機能がたくさんあります。

「All In One SEO Pack」で検索すれば出てきます。
plugin_02

TinyMCE Advanced

plugin_03

投稿画面のビジュアル編集の拡張機能です。
もうこれがないと記事を書けないくらい重宝してます。

これあえあれば、
文字の色も、文字の背景色も、太さも、大きさも、取り消し線も、アンダーラインも思うがままです。

「TinyMCE Advanced」で検索すれば出てきます。
plugin_04

インストールしたら、「設定」⇒「TinyMCE Advanced」で、いろいろ設定できます。
ドラッグ&ドラッグで移動できるので直感的に操作できるはず。

最後に、参考になるかどうか分かりませんが、
自分のビジュアルエディタの画面を載せておきます。
必要最低限のやつしか入れていません。
plugin_05

TinyMCE Templates

plugin_06

記事のテンプレート(定型文)を作っておけるやつです。
ある程度の記事数になってくると、記事を書くパターンが決まってくると思います。

  • h2タグとか、
  • 広告のタグの場所とか、
  • 冒頭の決まり文とか、
  • 文末の決まり文とか、

そういう決まりきった部分をあらかじめ作っておいて、作業効率UPが図れるものです。

「TinyMCE Templates」と検索すれば、出てきます。
plugin_07

このプラグインについては、過去にも記事を書いてますので、
こちらを参考に!
WordPressで定型文プラグインを使うと効率がアップしますよ!

Contact Form 7

plugin_08

お問い合わせフォーム超カンタンに作ってくれるやつです。

WordPressでブログやサイトを作るときは、
必ずと言っていいほど「お問い合わせ」は作るので、
「Contact Form 7」をいつも利用させてもらってます。

「Contact Form 7」で検索すれば、出てきます。
plugin_09

インストールすれば、ダッシュボードのメニューに「お問い合わせ」の欄ができるので、
そこから設定していきます。

WP Multibyte Patch

plugin_10

WordPressをインストールすると、
始めっから入っているやつですね。

詳しくは把握してませんが、WordPressを日本語にも対応させる的なやつですね。
マルチバイトのパッチって書いてますし。

日本語圏の人は、とりあえず入れておくといいでしょう。
始めっから入っているので、「有効化」するだけです。

WordPress Popular Posts

plugin_11

サイト内の人気記事を、サイドメニューに表示してくれます。

手動で人気記事更新なんて、面倒すぎてとてもじゃないけどできないし、
自分で人気記事を取得コードも書けそうにないので、

人気記事を表示させたいなら、必須のプラグインです。

「Wordpress Popular Posts」と検索すれば、出てきます。
plugin_12

インストールしたら、
「外観」⇒「ウィジェット」で、「Wordpress Popular Posts」をサイドバーに追加するだけで利用できます。

逆に不要なプラグインは?

STINGERは導入すると不具合を起こすかもしれないプラグインがあります。

他のテーマだと入っていない機能でも、STINGERだとデフォルトで入っている場合があって、
それらが干渉し合っちゃうからですね。

公式サイトに「使わないでね!」っていうプラグインがいくつか紹介されていますので、
STINGERを使うなら、それらのプラグインは使わないようにしましょう。

【使ってはいけないプラグイン】

  • WP Page Numbersとかのページナビゲーション系プラグイン
  • Breadcrumb NavXTなどのぱんくず系プラグイン
  • Head Cleanerなどのソース綺麗にする系プラグイン
  • MoreLink#removeのような#more-XXXを削除する系
  • WP touchとかのスマホ表示系プラグイン
  • セルフピンバック機能のプラグイン
  • ソーシャルボタン系のプラグイン

STINGERのダウンロードページ

まとめ

最初に入れておくべきプラグインを6つ紹介しました。
どれもかなり基本的なプラグインなので、入れておいて損はないはず。

これらを基礎として、運用していく上で「この機能足りないなー」っていうのがあれば追加していく感じでいいと思いますよ。