ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

大事なサイトだからこそバックアップをしっかりと!WordPressでのバックアップ方法と実際に復元するまでの流れを紹介します。(プラグインなし)

      2016/03/30  

medium_7557181168
photo credit: FutUndBeidl via photopin cc

WordPressで新規ドメインで1から育てたサイトというのは、
大変な愛着がわくものです。

抱きしめて頬をすりすりしたい気持ちは、おそらくみなさんと共有できることと信じてます。

そんな大事なサイトも予期せぬ障害、サーバデータ削除などで、簡単に消え去ってしまいます。
育てるのは大変でも、なくなるときは一瞬です。

だからこそ言っておきたいことが1つ。

バックアップしよ!

ということで、
WordPressでのバックアップ方法を紹介します。
(バックアップ系のプラグインは理解不能なので使用しません!)

おまけとして、ちゃんと復元できるかも確認していきます。

スポンサード リンク

3つのフォルダをダウンロード

まずはサーバー上の「wp-content」フォルダ配下ある3種類のフォルダをダウンロードします。

  • plugins
  • themes
  • uploads

ダウンロードするのは上の3種類です。

  • 「plugins」は、プラグインの一覧。
  • 「themes」は、テーマの一覧。
  • 「uploads」は、画像の一覧。

がそれぞれ格納されています。(おおざっぱ)

すべてを「ローカル」環境にダウンロードします。
wp_bk_02

記事の抽出

WordPressで追加した記事って、DB上に保存されるみたいですね。
そのデータを残しておく必要があります。

WordPressのダッシュボードから
「ツール」⇒「エクスポート」を開きます。
wp_bk_03

「すべてのコンテンツ」のラジオボタンを選択して、エクスポートファイルをダウンロードします。
保存時の名前は拡張子さえ変えなければ何でもOKです。
wp_bk_12

「メニュー」や「設定」、プラグイン設定内容などをメモ

オリジナルな箇所と言えば、
「メニュー」「ウィジェット」や「設定」の項目ですね。

「設定」には、サイトタイトルから画像の大きさ、パーマリンクの設定など、大事な情報がたくさんあります。

これらの項目は、画面のスクリーンショットを取るなどして、確認できるようにしておくと良いでしょう!
(復元時に見比べられるような形であれば何でもOKです!)

画面ショットについては、「FireShot」っていうChrome拡張機能が超手軽でおすすめです。
画面キャプチャのChrome拡張機能なら迷うことなくコレ!おすすめですよ。

外観の

  • メニュー
  • ウィジェット
  • ヘッダー

など。

設定では、

  • 一般
  • 投稿設定
  • 表示設定
  • ディスカッション
  • メディア
  • パーマリンク設定

の5つの内容を記録しておけばいいと思います。

プラグインの設定内容についても、片っ端から画面ショット撮っていく感じでいいと思います。
また、プラグインによってはエクスポート機能が付いているものもあるで、有効に活用していきましょう。

バックアップファイルなどは一つのフォルダにまとめておこう!

以上がバックアップの流れ+復元に必要になるファイルたちです。

ここまでで手に入れたファイルたちは、バックアップファイルとして1つのフォルダにまとめて置いておくと良いでしょう。
わたしの場合はこんな感じです。
wp_bk_14

「wp-content」の中に、
pluginsやthemes、uploadsのファイルが入っています。
wp_bk_15

他のフォルダには、画面ショットやテキストメモなどが格納されています。

実際に復元してみる!

WordPressのバックアップ方法の説明はインターネット上にたくさんありますが、
「ホントに復活するの?」って疑問に思っていたので「ちゃんと復元までできるんだ」ということを証明しておきます。

真っ新rなWordPressファイル一式をサーバーにインストールしたところから話を始めます。
ダッシュボードを開いても当然何も入っていない状態ですね。

ローカルがら3つのファイルをアップロード

まずは、サーバーからダウンロードしておいた、3種類のファイルをアップロードします。

  • plugins
  • uploads
  • themes

の3つのファイルですね。
wp_bk_02

これらを「wp_content」フォルダの中にアップロードします。
すべて上書きでOKです。

テーマ変更

「themes」ファイルをアップロードしたので、
自分が以前に選択していたテーマを選択できるようになります。

ダッシュボードの「外観」⇒「テーマ」からテーマを変更しましょう!
サイトを確認すると、見た目がほぼほぼ戻っているのが分かると思います。

記事の復元

投稿記事を個別記事を復元していきます。
ダッシュボードで「ツール」⇒「インポート」を選択します。

インポートに色んな項目がありますが、
「WordPress」を選択します。
wp_bk_09

バックアップの時にエクスポートした投稿記事のsqlファイルを選択して、
「ファイルをアップロードしてインポート」ボタンを選択します。
wp_bk_10

次にインポートする人を聞かれます。

正直よく分かってませんが、
「or assign posts to an existing user」のユーザを選択しています。
(ここで選択したユーザ名が投稿者とかで使われるようになる。)

大事なのは、その下にある「Import Attachments」。
ここは絶対にチェック付けてください!!!
wp_bk_13

記事とアイキャッチ画像の対応付けがされなかったりと色々が不具合が起こります。
入力が終わったら「Submit」をポチッ。

なにやら復元してる感じがしますね。
wp_bk_08

「All done」が表示されたらインポート完了です!

プラグインを有効化

最初の方に「plugins」フォルダをサーバーにアップロードしたかと思いますが、
これで以前のプラグインはすべて入っている状態になっています。

ただ、すべて無効化されているので、
全部有効化してください。

メニューや設定、プラグイン設定などを前のやつに戻す

泥臭いですが、メニューや設定の項目を前のと見比べながら戻していきます。
(まぁ、今回紹介している方法が全体的に泥臭いですが。)

「外観」の

  • メニュー
  • ウィジェット
  • ヘッダー

「設定」の

  • 一般
  • 投稿設定
  • 表示設定
  • ディスカッション
  • メディア
  • パーマリンク設定

各プラグインの設定など、
メモ(スクリーンショットでも)しておいた前のやつに戻しましょう!

アイキャッチ画像がデフォルトサイズでない場合

メディアでアイキャッチ画像をデフォルトサイズ(150×150)から変更している人は、
もう一度アイキャッチ画像を作りなおした方がいいです。
(理由はよく分かってませんが、どこかしらの対応付けがおかしくなってると思います。)

その方法ですが、
「Regenerate Thumbnails」というプラグインを使います。
詳しくは過去記事(⇒アイキャッチ画像をリサイズ、再生成する方法!「Regenerate Thumbnails」プラグイン一択です。)で説明していますが、

簡単に言うと、
ダッシュボードの「ツール」⇒「Regen.Thumbnails」を開き、

「Regenerate All Thumbnails」をクリックしてダイアログが100%になればOKです。

今回の手順の中で、よく分からないこと

WordPressは難しいですね・・・。
復元のテストだけでもかなりの時間を費やしました。

今回の手順の中で2つほどよく分かってないのがあるので共有しておきます。

カテゴリのID変わっちゃう。

なぜかバックアップしていた記事などの情報が入っているsqlファイルを復元すると、
カテゴリIDが前のと異なって登録されます。

パーマリンクなどは変わらないので大丈夫かと思いますが、
カテゴリIDを利用してコードを書いている場合は修正が必要になります。

アイキャッチ画像が150×150のものになる。

今回の手順の中では、「Regenerate Thumbnails」プラグインを使ってアイキャッチ画像を作り直していますが、
なぜか、150×150の画像が選ばれるようになります。

150×150以外のサイズにしている方は、「Regenerate Thumbnails」プラグインで作り直す必要があります。

これらの理由が分かる方は教えてください・・・。

まとめ

一応復元までできたので、この方法で大丈夫かなとは思います。
(少なくとも完全に消え去ることはないでしょう。)

バックアップしてて思ったのは、
「WordPressの中の動き、全然分からねー」

この辺の説明ってどこにあるんですかね。ちょっとくらいは勉強したいっす。