ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

WordPressで記事をランダムに表示させる方法!プラグイン不要ですが、コード修正します。カテゴリ毎でも可

      2016/04/15  

medium_3671276184
photo credit: krobbie via photopin cc

WordPessで記事をランダムに表示させる方法を紹介します。
プラグイン不要ですが、コード書く必要があるので覚悟がいるかも。

スポンサード リンク

WordPressで記事をランダムに表示させる方法

記事一覧を表示させるために「query_posts()」という関数がWordPressに標準で用意されているんですが、
こいつの引数の1つに、ランダムにソートするというものがあります。

ソートというのは並び替えという意味で、
要するに、ランダムで記事を並び替えてくれるということですね。

では、実際のコードを見ていきましょう!

<?php
query_posts( array(
'orderby' => 'rand',
'showposts' => '5',
)
);
if (have_posts()) :
while (have_posts()) :
the_post();
?>
								
<a href="<?php the_permalink();?>"><?php the_title();?></a>
				
<?php
endwhile;
else:
?>
				
<span>記事はありません</span>

<?php
endif;
?>

これを実際に表示させると、以下のような感じになります。
random

5つの記事の見出しが出ているのが分かると思います。
これはランダムに表示されているので更新(「F5」等)すると表示内容が変わります。
(上のは画像なので変わりませんが。)

軽くコードの説明

3行目の「'orderby' => 'rand'」でソートをランダムに。
4行目の「'showposts' => '5',」は何件表示させるか。

12行目の「<h2>ほにゃらら」で何を繰り返し表示させるか。サムネイル表示させたり、要約文追加したりとカスタマイズ自由です。

19行目の「記事はありません」は、万が一、該当記事がなかった時の処理です。

ちなみにカテゴリごとでもできる

「query_posts()」にはカテゴリを絞り込む引数も用意されています。

カテゴリIDで指定するんですけど、
例えば、ぱんぶろのアフィリエイトのカテゴリは「78」ですので、

アフィリエイトに絞り込んで、ランダム表示させたければ、

query_posts( array(
'orderby' => 'rand',
'showposts' => '5',
'cat' => '78',
)
);

とすればOKです。

こちらも実際に(雰囲気だけ)見てみましょう。
random_02

まとめ

記事が増えてくるとどうしても埋もれてしまう記事がでてきてしまいますよね。

ちょっとかわいそうなので、
ランダム表示で、たまには人の目に触れさせてあげましょう!

ということで、WordPressでのランダム表示の方法でした。