ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

野菜作りが家電になる時代。水耕栽培器「Green Farm」なら誰でも失敗せずに野菜が作れます!

      2016/01/09    33 shares

Green_Farm_01

家電量販店をブラブラと歩いていたら、とんでもないもの見つけました。
水耕栽培器。

説明読んでみると、
なんでも野菜が作れるそうな。

もちろん家電製品なので、電気を使っていて、電気とかファンとか、
至れり尽くせりの設備が。

興味が湧いたので、即買いしちゃいました。
今で22日ほど経過してるんですけど、
使ってみた感想や良い点、不満な点などを紹介していこうと思います。

スポンサード リンク

その前に水耕栽培の基礎

野菜の作り方は、大きく分けて3種類あります。

  • 露地栽培
  • プランター栽培
  • そして、水耕栽培

最初の2つの説明は省くとして、
水耕栽培とは、名前の通り水(だけ)で野菜を栽培するやり方のことを言います。

野菜って土がなくても育つんですよ!
びっくりですよね。(わたしは農業するまで知らなかった。)

水を敷き、水溶性の肥料をあげて、
スポンジなんかの上においておけば、野菜が育ってくるんです。

光のあて具合とか、温度調整とか、水の状態とか、そういう管理が面倒だったりするみたいですね。
(やったことないから分からない。)

「Green Farm」ってどんなの?

こんなのです。
Green_Farm_02

めっちゃ分かりにくいですね!!!
すいません。

下に水を入れるところがあって、
その上に浮かべる形で、スポンジを置くための台(9個の穴が空いている)があって、
外側に(虫とかが寄らないようにするための)ケースがあって、
電源が付いている感じです。

LEDで光を!

完全に室内で育てられるように設計されていて、
天井部にLEDライトが付いています。

超眩しいです。
(こいつのせいでうまく写真が撮れない。)

さすが家電って感じですね。

野菜は太陽の光じゃなくても育ちます。

上部にファンが!

外側をケースで完全に覆っちゃってますが、
上部にファンが付いているおかげで、常に新鮮な空気との入れ替えが行わています。

正直空気を入れ替える意味があんまり分かってませんが、
ちゃんと二酸化炭素が十分に届くようにしてるんですかね。

水量メーター

水の量を表すメーターが付いているので、
水を追加するタイミングがすぐに分かります。

写真で言うと、右手前のやつです。

逆に言うと、
水追加のタイミングまでは、水をあげる必要はありません。

経過日数の表示

いかにも家電っぽい。
電源ボタンの横に、種を入れてからの経過日数が表示されます。

育てる野菜ごとに○○日という目安があるので、
日数が表示されていると、分かりやすくていいですね。

「Green Farm」の良い点。不満点。

「Green Farm」を使い始めて、22日が経過しました。
当然、良い点もあれば、不満なところもあります!

良い点

インテリアになる

パソコンのモニターの真横においてるんですけど、
なかなかの癒やし効果です。

やっぱ植物を見ていると精神が落ち着きますね。
目が疲れた時は、緑の葉っぱを見て回復させてます。

手間いらず

22日間、一回も手を加えてません。
種をまいたあと、コンセントにさして置いておいただけ。

それでもちゃんと野菜ができちゃうのは、
やはり家電製品として商品化できている所以(ゆえん)でしょうね。

一通りのセットが揃っている

「Green Farm」を購入した後に、

あ、もしかして種とか肥料は別売りかも・・・。その追加料金で儲けているのかも。」

と汚い心がザワザワしてましたが、
そんなことはなく、種から肥料から、育てるのに必要な材料はすべて揃ってました。

「Green Farm」を買えば、その他何も買わずとも、野菜を育てられます。
ただし、なんの種が入ってるかは買ってみないと分かりません。

不満点

眩しすぎ!

商品説明のところでも言いましたが、
LED眩しすぎ!

全体を写真で撮ると、何かの発光体のようです。
最初は戸惑ってましたね。そのうち慣れますけど。

あと、寝るときはLED切っても大丈夫ですし、
タイマーで、切る時間、付ける時間を設定できます。

朝の目覚まし代わりに、「Green Farm」の光で起きるのもありかもしれません。

野菜を作ってる感なし!

全くといっていいほど、野菜を作っている感覚がありません。
それもこれも、驚くほど手間がいらないからですね。

最初の水入れて、肥料入れて、スポンジ詰めて、種まくところまでやったら、
あとは勝手にできちゃいます。

育てているというより、
成長していただいているという表現のほうがあっているかも。

良い点で上げているように、
わたしは完全にインテリアだと思って置いています。

成長の感じとか

わたくしが育てているスイートバジルちゃんの
成長記録を披露します。

種がひび割れたところ。
Green_Farm_03

芽が出てきた。
Green_Farm_04

そして、いろいろあって、今の姿!
Green_Farm_05

どうですか!
このはしょり具合。

写真を撮るのも忘れるくらい手間がいらないってことですね。
(意味不明。)

もちろん食べられますよ

わたしのスイートバジルちゃんはまだですが、
ここで育てた野菜はすべて食べれます。

だた育てられることができる野菜は、
メーカーがちゃんと保証している(?)野では限られていて、
追加で種を買う場合は同じメーカーからじゃないと買えません。
(上手い商売ですね!)

一応作れる野菜を紹介しておきます。

  • レタス(5種類)
  • サラダ菜
  • 春菊
  • 水菜
  • 葉大根
  • サンチュ
  • エンダイブ
  • ルッコラ
  • ターサイ
  • チコリー
  • レッドマスタード
  • ピノグリーン
  • ビートオールレッド
  • イタリアンパセリ
  • セージ
  • スイートバジル
  • クレソン
  • シナモンバジル
  • 鈴っ子トマト

詳しくは、公式HPで確認してください。
育てられる野菜 | 水耕栽培器「Green Farm(グリーンファーム)」

食べること考えたら、次はトマト作りたいな。

まとめ

野菜を作りが家電になっているなんてビックリして思わず買っちゃた「Green Farm」
やっぱり手間はかけてないですが、種から芽が出る瞬間はいつでも感動しますね。

野菜を作ったことのない方、意外と野菜って簡単にできるんですよ。
「Green Farm」のキャッチフレーズ「リビングに、畑を置こう。」も中々素敵な言葉だと思います。

スーパーに行けばなんでも揃う時代だからこそ、
野菜を作って自分で食べるというよろこびを知ってほしいと思います。

それ以上に、目の保養になるのが一番良い所かなーと個人的には思ったり。