ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

サラリーマンより個人事業主の方が向いてるなって思う理由5つ

      2016/02/25  

3593974418_1172392976
photo credit: Noir Party via photopin (license)

サラリーマンを辞めて、2年くらい経過します。
たぶん今後サラリーマンに戻ることはないでしょう。

わたしがサラリーマンより、個人事業主に向いていると思う理由、その辺をまとめてみます。

スポンサード リンク

責任がすべて自分にある

サラリーマン時代に嫌だったのが、組織的な責任のとり方。
新人の自分がミスってもお客さんに対して悪いのは先輩であったり上司であったりします。

悪いのはどう考えたって自分だろと。自分を謝らせればいいだろと。
で、飲み会という名の説法に行くと、お前のせいでみたいなことをグチグチ言われるわけです。
意味不明。

書類一つ作るにしても自分が作った証の判子。レビューした人の判子。そして最終的に上司の判子が必要になります。
で、大体がレビューのたびに大幅に書き直させられる。もはや自分が作ったものとは大違い。

だったら始めっからお前(レビュー者)が作れよって思う。
なんて回りくどいやり方してんるんだよと。
もちろん新人を育てる目的でやってるんでしょうが、効率が悪く見えて仕方がない。
修正するための残業が増える一方。

組織としての動きだから、上の人が責任持つっていうのも分かるけど、もう面倒臭いです。そういうのは。
自分で作ったものをお客さんに出して、お客さんから直接指摘もらった方が、上司のレビューより100倍身になります。

こういう上司とか責任の所存とかもう面倒くさすぎで、一人で全責任持ってやった方が、怒られようがすべて納得してできるんでわたしは好きです。

勉強する

雇われている時も当然勉強しますが、なんというか「こうだったらこう」っていう仕方ないから覚えるか的な感じです。
面倒くさい>向上心って感じで、特に出世欲もないんで、だらだらやってました。

そんなもんだから、なんとなくできることはできるけど、それだけ。
ちょっと応用のことがあるともうできない。

一人で仕事するようになると、勉強の仕方も変わったような気がします。
まずはなんでこれをするのか?ってところから。だってやる必要がない無駄な作業だったらやらないほうがいいでしょ。

あとは、必要なことは何でも勉強する。増えた知識分だけ可能性は増えるわけですから。
生きるために勉強は当たり前にやるようになって、おそらくサラリーマンを辞めずにいたら、今のWebやSEO、サーバー、Wordpress、農業の知識なんて皆無だったと思います。

休憩が自由

休憩が自分の好きなタイミングで好きなだけ取れます。
休みたいときに休めるし。働きたいときに働ける。

めちゃくちゃ素晴らしい。

決まった時間に通勤して、決まった時間にお昼休憩みたいな、自分の意志で決めれなかったことが全部自分で決めれるわけです。
この自由がとても好きです。

休めば休むだけお金が入らなくなるのも、最初に「全責任が自分にある」で挙げたように、心地よく感じてます。

好きな仕事ができる

世の中は思っている以上に自由な場所で、やりたいと思うことってだいたいお金に繋げられたりします。
わたしは「ちょっとでも好きだと思えることをお金に変えれることはすごい幸せなこと」だと思っていて、
そういう仕事をどんどん増やしていきたいと思っています。

個人事業主は、なんの仕事をやろうが自由です。
アフィリエイトもやっていいし、農業もやっていいし、プログラミングもやっていいし、バイトだって。

こんなにも自由があふれている世界に足を踏み入れたら、楽しくてもう抜けだせません。

収入が青天井

サラリーマンというくらいだから、決まったサラリーをもらいながら仕事をします。

頑張っても頑張らなくても同じ額です。
それなりにやってればエスカレーター式に上がっていく。
出世したところで上の人を見てれば、だいたいの年収ってわかる。

だいたい予想がつく仕事内容と、年収。
たかだか隣の上司の席につくのに数十年かかる。

何が楽しいくてその数十年を過ごすんですかね。。。
社内研修で、自分の10年後の姿を想像しみようみたいなコーナーがあったんだけど、いや自分の席の目の前に10年上の先輩いるんですけど。。想像するまでもなくその人のポジションになるだけでしょっていう。。

その反対に個人事業主だと、10年後の姿なんて全く見えません。
それどころか、1年後の姿も見えない。

会社辞めた時は農業やろうなんて思ってませんでした。
それが今では農業を人生の1つの軸にしようとしている。わからんもんです人生は。

収入だって分からない。0円にもなれば数百万にもなる可能性がある。
こういう世界にいる方が楽しく感じます。

まとめ

8割ほど会社の愚痴を言ってしまい不快な思いにしてすいません。
個人事業主は、やることなすこと全責任を自分で背負う代わりに、自由を手にします。

その自由は自分の責任のもとに存分に使えばいいし、それが個人事業主の楽しさでもあります。
将来的にどう思うのかはわかりませんが、今は人生の中でも最高に楽しい時期であることは間違いないです。