ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

【確定版】わたしが実践して効果を実感できた薄毛対策は3つだけ!

      2016/04/01  

effect

世の中には色々な薄毛対策がありますが、わたしが実践して効果を感じることができたのは、3つだけです。
薄毛について色々調べてきましたが、現時点では最も効果のある方法だと思っています。

わたしが薄毛対策として始めて、今も継続している3つです。
それではどうぞ!

(参考)逆に効果がないと感じているもの
わたしが実践して効果が「ない」と感じた薄毛改善方法

スポンサード リンク

効果が実感できた薄毛対策

プロペシア(フィナステリド)

プロペシアは日本で唯一の薄毛治療薬です。
日本人向けに臨床実験を行い、厚生労働省の許可を得て、国内でも流通しています。

男性型脱毛症(AGA)に対する治療薬で、医療用医薬品ですから病院に行かないと処方してもらえません。

プロペシアの効果

効果としては、薄毛の進行を止めてくれます。
髪の毛が生える効果を期待するよりは、どちらかというと「現状維持」

薄毛(抜け毛)の原因となるDHTを作らせないように働きかけてくれます。

プロペシアを服用して、髪の毛が増えた!とは思いませんが、抜け毛が減った!とは思っています。

リアップ(ミノキシジル)

ミノキシジルは、なぜ効果が出るのかが科学的にはハッキリとは分かっていない成分です。
ただし発毛に効果があることだけは分かっている

と聞くと何やら怪しい薬のように思われるかもしれませんが、ちゃんと日本でも承認され薄毛治療薬として流通しています。
出しているのは大正製薬で、商品名は「リアップ」。

第一類医薬品なので、ドラッグストアやネット通販で購入できます。
(参考)⇒リアップの購入方法は2パターン!薬剤師に処方してもらうかネット通販
(参考)⇒リアップの価格をショップごとに比較!現時点の最安値を紹介します。

一日二回、頭皮に湿布します。

ミノキシジルの効果

髪の毛が生えてきます。
プロペシアは「現状維持」と言いましたが、ミノキシジルは「生える」

大正製薬は「日本で唯一の発毛剤」と広告してますが、別に誇大表現でもなく、ミノキシジルの成分入りの発毛剤としては本当に唯一です。

「プロペシア」と「ミノキシジル」は併用できるので、

  • これ以上抜け毛を増やさないための「プロペシア」
  • 髪の毛を増やすための「ミノキシジル」

といった具合に良いとこと取りできちゃうわけです。

ただし注意が必要なのが、薄毛治療医院や海外からの個人輸入で仕入れる錠剤の内服薬のミノキシジルを服用する場合。
ミノキシジルは全身に作用するので、全身の毛が濃くなります。わたしも内服薬を飲んでた時期があったんですが、中々の恐怖です。

手の甲、足の甲、すね毛、腕毛、胸毛などどんどん濃くなっていくのが分かりました。

「これが薄毛治療の代償か・・・」と思ってましたが、湿布タイプのリアップを使用し始めたら部分的な作用で抑える(つまり頭の毛だけを増やす)ことができたので、
今は完全にリアップのみです。

スカルプD

薄毛治療ではないですが、頭皮の環境と薄毛はかなり密接な関係にあると思っています。
スカルプDはわたしがおすすめしているシャンプーなだけで、お気に入りのシャンプーがあればなんでもいいです。(シリコン入りシャンプーはあまりおすすめしませんが。)

(参考)⇒スカルプDを3年以上使っているわたしが思う良いところを5つ紹介!

頭皮は1日洗わないだけで、脂ぎってきて気持ち悪くなります。
おでこの辺りを指で擦るとヌメヌメした感触が・・・。
で、そういう時って擦ると毛が抜けるんですよ。

薄毛を気にするのであれば、まずは頭皮環境から。
わたしもシャンプー時の抜け毛を気にしてあまり頭を洗わない時期がありましたが、これは逆効果。

頭は毎日綺麗にして清潔に保っておきましょう。

スカルプDの効果

上のリンクでも紹介してるんですが、ざっくり言うと「スッキリ!」
洗った後の爽快感が素晴らしいです。

汚れ落ちてるだろうなぁ。頭皮綺麗になってるだろうなぁ。そんな気持ちにさせてくれます。

もう、3年以上使い続けてますが、おそらく今後も使い続けるであろう商品です。
育毛効果を期待してではなく、あくまでシャンプーとして使い続けるということですよ。

わたしは、スカルプDには育毛効果はないと思っているので。
(参考)スカルプDは養毛剤です⇒発毛剤、育毛剤、さらには養毛剤なるものまで・・違いを知って適切な選択をしましょう!

医学的に効果があるのは「プロペシア」と「ミノキシジル」

日本皮膚科学会というところが、2010年に薄毛治療に関するガイドラインを出してくれていまして、推奨するのは「プロペシア」と「ミノキシジル」と明言しています。

推奨度改善方法
Aフィナステリド(プロペシア)の内服(※男性のみ)
Aミノキシジルの外用(※男女ともに)
B自毛の植毛
C医薬部外品・化粧品の育毛剤の外用
D人工毛の植毛

現在の薄毛治療院は、基本的にはこの方針にのっとり治療を行っています。
逆に言うと、薄毛治療医院に行ってやってもらえることって、プロペシアとミノキシジルの処方だけです。

うん。世の中そんなもんなんですよ。
高いお金払っても、やってくれることなんてほぼ変わりません。ハッキリ言って、情弱狩りだと思ってます。

ただし、効果があるから狩れるわけです。
効果がなく治療してたら業界から袋叩きに合っているはず。
にもかかわらず、ある程度納得してお金を払っている人が多いということは、やはり「ミノキシジル」と「プロペシア」で効果を実感できているということですね。

まとめ

わたしが現在実践している薄毛対策。

  • プロペシア(フィナステリド)
  • リアップ(ミノキシジル)
  • スカルプD