ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

伊坂幸太郎の作品間でリンクしている場所のまとめ

     

3510484570_a4d04786d3photo credit: 岩手山と桜並木 via photopin (license)

以前、伊坂幸太郎の作品間でリンクしているキャラクターを紹介しましたが、

(参考) ⇒ 伊坂幸太郎の作品間でリンクしている登場人物(キャラクター)まとめ

今度は、場所です。

実は作品は違えども、同じ居酒屋や同じ山に行ったり、といったことが起こっています。
そんな作品間でリンクしている場所をまとめました。

スポンサード リンク

広瀬川

基本的には風景の一部として使われています。
単に川というより固有名詞があった方が具体性があってなんとなく良さげな感じがします。

ラッシュライフ

新興宗教の教祖である高橋が嵐の中、川に入り猫を助けていた場所です。
河原崎が高橋を異常なまでに信仰するようななるキッカケとなった場面。

その夜は、台風が接近している最中で、広瀬川は濁流が轟々と流れていて、その時に人の泳いでいる音がした。

重力ピエロ

春が、盗んだCD30枚を踏みつぶした場所。
風景の一部として描かれている感じです。

そして、三十枚ものCDを抱えた春は、広瀬川の川原へ向かい、そこで、そのCDを全て踏み潰した。

砂漠

西島たちの学生生活の中にも広瀬川がありました。
待ち合わせ場所や、文化祭の準備の場所として使われています。

西嶋の要望で、市街地から少し離れた広瀬川近くの公園で待ち合わせることになった。

ゴールデンスランバー

結構重要な場所として、広瀬川が登場します。
作中に花火が出てきますが、花火といえば河川敷ですからね。

仙台で毎年恒例の七夕祭りは、八月上旬の三日間に行われるが、その前夜祭として、広瀬川河川敷で花火大会が開催される。

新興宗教団体

ラッシュライフ

ラッシュライフの中で重要なポジションを担う、高橋をトップとする新興宗教。
おそらく他の作品で登場する新興宗教も高橋のものだと思われます。

口をそろえて、「高橋」のことを、「教祖」と言い、講演に集まる河原崎たちを、「新興宗教」と呼んだ。

重力ピエロ

オーデュボンの祈りの伊藤が登場してる場面。
「未来が見える」という言葉をフックに、話題の宗教団体のことを想起しています。

さらに、市内では奇妙な宗教団体が、「未来が見える」教祖を持ち上げて、騒いでることも頭を過ぎった。

砂漠

これはちょっと違うかもしれませんが、一応。
北島が「新興宗教は理解できない」と鳩麦さんに話してます。

「僕は、真面目な大人たちが、不気味な新興宗教にのめり込んでいくのが、理解できないよ」

フィッシュストーリー

フィッシュストーリーの中の動物のエンジンで、恩田が新興宗教にのめり込んだと軽く触れられています。

恩田は新興宗教にのめり込み、そのまま役所を辞めた。

藤沢金剛町

グラスホッパー

藤沢金剛町駅そばの交差点で寺原息子が撥ねられる。

割りとメインの場所として登場しています。
寺原の息子が押し屋に押されて殺されたのも藤沢金剛町。

藤沢金剛町駅の周辺で見かけた、交通事故だ。

魔王

安藤と満智子さんが訪れたライブハウスの場所。

藤沢金剛町の駅から徒歩十分ほどの、古いビルの地下にあるライブハウスだ。

モダンタイムス

渡辺と大石倉之助の仕事場となるオフィスのある場所。

加藤課長は、「藤沢金剛町の、生命保険ビル知ってるだろ」と仕事場の住所を述べはじめている。

マリアビートル

須藤望が藤沢金剛中学校に通っていた。

峰岸の息子が監禁されていた場所。

都内の藤沢金剛町にあるビル、地下三階の一室に、このぼんぼん、峰岸良夫の一人息子が監禁されていた

さらに、槿が峰岸を押した場所も藤沢金剛町。
前作にあたるグラスホッパーで寺原の息子を押した場所と同じで、この辺の演出が伊坂さんぽくて好きです。

ずいぶん前にも、この交差点で仕事をしたことがあったな、とぼんやり思い出すだけだった。

小岩井農場

死神の精度

昔、森岡が母親と一緒に行った場所。

森岡が岩手に逃走する途中で見つける。
子供のころ母親と訪れたことのある思い出の場所。

「お、小岩井農場じゃねえか」しばらく黙っていた森岡が唐突に言った。「懐かしいな」

砂漠

鳥井が小学生の頃に行っていたり、北島と鳩麦さんが遊びに行ったり。

「お、小岩井農場行ったことあるよ、俺。小学校の時に」

居酒屋「天々」

チルドレン

武藤が陣内に「行きたい店があるんだ」と連れられた居酒屋。
中年男と口論して「お前たちの仕事で奇跡は起こせるのか?」の名言が生まれたのもここ。

居酒屋の「天々」は、座敷とカウンターを合わせるとかなりの広さがあった。

魔王

主人公たちが何度も訪れる居酒屋。

ごく普通の居酒屋だった。「天々」という名前の全国チェーンで、安価の割に料理が美味しいため、サラリーマンには人気がある。

陽気なギャングの日常と襲撃

藤井と桃井が一軒目に訪れた居酒屋。

「でも、一軒目の〈天々〉での記憶はだいぶ、はっきりしているんだ」女はいなかったはずだ。

岩手山

ラッシュライフ

川原崎が飛び降り自殺の場所として選んだ場所。
その前の川原崎の会話の中でもたびたび出てきます。

「塚本さんを助手席に乗せて、一緒に岩手山を見に行くんです」青年はの涙を拭った。

死神の精度

逃走中の森岡と千葉が思い付きで立ち寄る場所。

行こうぜ、岩手山に向かおうじゃねえか

魔王

潤也と詩織ちゃんが旅行に行った場所。

「でかいものを見に行きたい」という訳の分からない理由で、列車の旅行に出かけていた。おそらくは、岩手山を眺めに行ったのだろう。

モダンタイムス

魔王の続編あたるモダンタイムス(下)では、潤也と詩織ちゃんが岩手山の側に住んでいます。こういう変化も行間を想像できていいなぁって思います。

「でも」「岩手山って知ってるか」安藤潤也がさらに言った。「そこの近くにさ、俺たち住んでるんだけど、こっちに来るか?

お面銀行強盗

ラッシュライフ

豊田がタクシーの中で銀行強盗のニュースを聞く。
チルドレンより前の作品であるにも関わらずこの設定があったのは驚きでした。

人質の一部は解放されたらしいが、人質達はそれぞれ、縁日で売っている面を被らされていた、とニュースは繰り返している。

チルドレン

鴨居、永瀬、陣内が巻き込まれた事件。
このトリックは、ラッシュライフのころからあったと思われる。

アニメのお面を付けられた人質になるとは、予想外も予想外、人生いたるところに驚きが隠れているものだな、とつくづく思った。