ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

わたしがオンライン将棋中毒から抜け出した方法

      2016/03/31  

shougi
photo credit: stuant63 via photopin cc

みなさんには、やめようと思ってもやめらない事ってありますか?
いわゆる中毒ってやつです。
依存症とも言いますね。

世の中には、○○中毒って色々あります。
例えば、

パチンコ、
お酒、
たばこ、
オンライゲーム、

この辺が代表的でしょうか。
最近ではスマホとかも良く聞きますね。

私の場合は、将棋の中毒でした。
それも実際に指す将棋ではなく、インターネット将棋です。

将棋中毒の人って私以外にも、結構いるんじゃないかと思ってます。
好きでやっているなら全然いいんですが、
惰性でやっている人や、何でこんな無駄な時間を過ごしてるんだろうという方は注意が必要です。

私の場合は時間の無駄だなーとか、この時間を勉強に当てたらどんなに有意義だろうかと思いながらも、
毎日のように時間さえあれば、1局30分以上かかる将棋を何度も指してました。

でも、今は将棋を指そうという気も起きません。
完全に将棋を断ち切ることができました。

将棋を止めたことによるデメリットに感じることは1つもありません。
私にとって将棋はもともと必要なかったってことです。

もし、私と同じように「惰性でやっている将棋を止めたい」という方がいれば、
少しでも力になれるかなと思いこの記事を書きました。

なぜ私が将棋中毒から抜け出せたか、をみなさんと共有できればと思います。

スポンサード リンク

なぜ、あなたは将棋を続けるのか!?

shougi_2
photo credit: Brendio via photopin cc

一度考えてみてください。
「なぜ、あなたは将棋を続けているのか?」

どうでしょう。
頭に浮かべましたか?

純粋に楽しいからやっているのであれば問題はないと思います。

私の場合は、楽しいという感情ではなく、
ムカつくやざまあみろという感情で指してました。

負けるとムカつくから指す、
勝つともう一度勝ちたいから指す、

この感情が、将棋を止められないループを作り出していたんです。

将棋中毒者の心理

shougi_3
photo credit: Franck Vervial via photopin cc

オンライン将棋をしていた時代を思い出すとなんと卑しい人間だったんだろと自分がイヤになります。
ムカつくや優越感に感情に支配されて、将棋を指し続けているわけですから。

そこには自分の意思はほとんどありません。
理性よりも、感情や体が先に動くのです。

オンライン将棋という手軽さも中毒性を後押ししていると思います。
ポチっとクリックするだけで、対戦相手が見つかり、相手のことを気にせずに指せる環境があるから、もう1局となってしまうのです。
現実ではそうはいかないですよね。

オンライン将棋を1局始めてしまったが最後。

勝っても負けても、
感情にまかせてポチポチと、気が付けば4時間経過して、
「何をしてたんだろう・・・。」と一日が終わるのです。

オンライン将棋を止める必勝法

shougi_6
photo credit: uniondocs via photopin cc

将棋中毒になるかどうかは、最初の一局にかかっています。
この一局をやるかどうか!

一度始めたら感情に支配されて止まらなくなるわけですから。
中毒を止めたい人は、最初の一局をやならいようにする必要があります。

そうは言っても「最初の一局が止められないから中毒なんだろうが!」
という声も聞こえてきそうです。

最初の一局をやってしまう理由も簡単です。
なので、その理由を取り除いてやれば、完全にオンライン将棋中毒からおさらばです。

なぜ、オンライン将棋を始めてしまうのか!?

shougi_4
photo credit: e-magic via photopin cc

将棋が好きな人なら趣味だからで良いんですが、
オンライン将棋を止めたいけど惰性で初めてしまう人は、なんでやってしまうんでしょうか?

理由は簡単です。

暇だから!

言い方を変えれば、オンライン将棋よりやらなければいけないと思っていることがないんです。
私がオンライン将棋を始める理由はそうでした。

頭の中では勉強しなきゃと思いつつオンライン将棋を始めてしまうのは、
その勉強を本気でしなきゃいけないと思っていなかったからなんです。

人間の行動には優先順位があります。
本気でやらなきゃいけないと思っていることはちゃんとやるんです。

例えば、会社員の方は毎朝ちゃんと会社に行くはずです。
学生だったら学校に行くはずです。

今日はオンライン将棋の方がしたいから休もうって人はそうそういないと思います。
つまり、オンライン将棋を始めてしまう人は、家にいるときの優先順位のトップが将棋になっているだけなんです。

オンライン将棋を止めるには!?

shougi_5
photo credit: brainware3000 via photopin cc

私は優先順位を徹底的に意識するようにしました。
一番意識が変えるには将来をイメージするのが良いと思います。

例えば、私は会社から帰って一日平均3時間くらい将棋をしてました。
これを40歳まで続けていた場合、自分はどんな大人になっているでしょうか。
考えただけでもゾッとします。

このようにイメージするんです。
将棋を続ける自分と、別のことに時間を割いた自分を。

一日3時間英語でも勉強したらすぐに1年後にはしゃべれるようになるかもしれません。
一日3時間将棋をしていても1年後には、将棋を3時間できる人にしかなりません。

英語をしゃべれる人と将棋を3時間できる人と、どちらになりたいかって言ったら確実に前者でしょう。

と、言うのは簡単ですが、行うは難しですよね。
将棋を本気で止めたいと思っている人は、将棋より優先順位が上になるものを見つけることです。

本気で自分が取り組みたいことです。
「将棋なんてやってられるか!」と思えるくらいやりたいことを見るけるのが大事ですね。

難しいですけど、今一度自分を見つめ直す良い機会かもしれません。
私はオンライン将棋にハマっていた頃より、イキイキしていることは確かです。