ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

WordPressを自動インストールできるレンタルサーバーのおすすめ3社と選び方

      2016/04/23  

wordpress-server5

ブログを始めるにあたって、必ずと言っていいほど選択肢に入るのがWordPress。

でも、ITスキルほとんどないし、PHPとかMySQLとか難しそう。
レンタルサーバーとかよく分からない。

という方、多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、自動インストール機能のあるレンタルサーバー。

最近では、WordPressを利用するユーザーが多くなり、レンタルサーバー会社もWordPress導入の手間が省けることを一つの売りにしてたりします。

今回は、自動インストール機能付きの手軽にWordPressを始められるおすすめレンタルサーバーを紹介します。
データーベースの作成とか、作業用ユーザーの設定とか、そういった煩わしいこと取っ払ってWordPressを始めてみましょう!

スポンサード リンク

WordPressの自動インストール機能とは?

文字通り、WordPressを自動でインストールしてくれるものです。
本来、WordPressを導入するには、

  1. PHP、MySQLが利用できるサーバーをレンタル
  2. データーベースを作成
  3. データーベース管理ユーザー作成
  4. WordPressファイル一式のダウンロード&サーバーへのアップロード
  5. WordPressの設定ファイルの作成(wp-config.php)

これらの作業が必要になります。
導入で挫折する人が多いのは、少なからずITスキルがないとできないからですね。

自動インストール機能はどこまでやってくれるかと言うと、
2~4まで全部です。

つまり、自動インストールのボタンを押せば、自分は何の設定もしなくてもWordPressを始められちゃうわけですね。
ITスキルが全く無くても問題ありません。

3つの「おすすめ」サーバー

わたしの中で3大巨塔のレンタルサーバー会社を選びました。
それぞれに特徴があるので、比較して決めるといいでしょう。

意識すべきポイントは、

  • 価格
  • DB数、ドメイン数
  • 処理性能

の3つですかね。
転送量制限もハードディスクもそんなに変わらないし、動画コンテンツとか置く人でなければ容量50Gもあれば余裕です。

わたしがおすすめしたいのは、

  • エックスサーバー
  • ロリポップ!
  • さくらインターネット

の3つのレンタルサーバー。

では、それぞれの特徴を見ていきましょう!

大量アクセスも難なく捌く「エックスサーバー」

wordpress-server

まずは、わたしがメインで愛用しているエックスサーバー。

急にアクセスが押し寄せても、サーバーが落ちないことで有名ですね。
それだけ処理能力に優れているということです。

プランX10
月額1,000円
初期費用3,000円
HDD200GB
DB50個
ドメイン数無制限
転送量制限70GB/日
無料お試し10日間

【長所】

  • 処理能力が高い(最新の16コアCPU、大容量96GBメモリ)。
  • 自動バックアップ機能あり。
  • 電話サポートあり。
  • サーバー稼働率99.99%以上。

【短所】

  • 価格が高い。
  • 管理画面がちょっと煩雑。

ロリポップ!やさくらインターネットに比べると、やや上級者向けのサーバー。
アクセスが増えた時の移転先として真っ先に候補にあがるのがエックスサーバーです。

月間100万PVを超えるぞと意気込んでサイトを作る方は初めからエックスサーバーを選んでもいいし、別のサーバーで始めて、アクセスが集まってきたら移転するのもいいと思います。
とにかく覚えておいて損はないレンタルサーバーです。(どの道、利用する可能性が高いサーバー)

初心者にフレンドリー「ロリポップ!」

wordpress-server3

次に、初心者が入りやすいロリポップ。
創業当初から常に初心者や女性などポップな層に目線が向けられてる気がします。

特徴はなんといっても入りやすさ。
価格も安いし、ちょっと興味がある程度でも気軽に始められるサーバーです。

プランライト
月額300円
初期費用1,500円
HDD50GB
DB1個
ドメイン数50個
転送量制限60GB/日
無料お試し10日間

【長所】

  • サーバー稼働率99.99%以上。
  • 初心者向き(WordPressの自動インストールなど初心者向け機能が充実。管理画面が使いやすい)
  • 安い(価格設定はレンタルサーバー会社の中ではトップクラス)。
  • 電話サポートあり。
  • チャットサポートもあり。
  • 利用ユーザー数国内No.1(150万人)。

【短所】

  • サーバーの処理スペックが(エックスサーバーなどに比べて)低い。
  • バックアップ機能が有料(月300円)。
  • WordPressを1つしかインストールできない(DB数が1個までだから)。

レンタルサーバーを触ってみたい初心者の方におすすめです。
DB数が1個であったり、レンタルサーバーの性能が少し劣ったりしますが、月額の安さは業界トップクラスです。

とにかく初心者向けに意識して作られているので使いやすいです。

レンタルサーバーの老舗「さくらインターネット」

wordpress-server2

わたしとしてはVPSのイメージが強いさくらインターネットですが、
レンタルサーバーといえば、さくらインターネットいう認識が強いです。

レンタルサーバー業界に長年居座る老舗です。今なお衰えることなくトップクラスで走り続けている会社です。

価格帯や性能は、エックスサーバーとロリポップの間をついてきているような感じ。
どちらかと言えば、かなり安い方です。

安かろう悪かろうというイメージをなくし、かといって高いといったイメージも持たせない、「ちょうどいい」ところを突いてきている印象です。
初心者から上級者まで幅広い人が利用しています。

プランスタンダード
月額515円
初期費用1,029円
HDD100GB
DB20個
ドメイン数20個
転送量制限80GB/日
無料お試し14日間

【長所】

  • 老舗でトップを走り続ける信頼感。
  • 稼働率99.99%以上。
  • 自動バックアップ機能あり。
  • 無料電話サポートあり。

【短所】

  • サーバーの処理スペックが(エックスサーバーなどに比べて)低い。
  • 良くも悪くも中途半端。

インターネットが登場した黎明期(れいめいき)から存在するレンタルサーバーの老舗。
運営年数はそのまま安心感、信頼感につながります。

飛び抜けた特記事項はありませんが、抑えるべきところは抑えているし、
後述しますが、考え方によってはロリポップ!より月額は安いです。(どちらかというとわたしはさくらインターネットの方がおすすめ。)

安定感バツグンのレンタルサーバーで運用したければ、さくらインターネットです。

一覧で比較

3社を一覧で比較してみました。
突出して良いところはなく、それぞれに良いところを悪いところがあるのが分かります。

 エックスサーバー

(プラン:x10)
ロリポップ

(プラン:ライト)
さくらインターネット

(プラン:スタンダード)
月額1,000円300円477円
初期費用3,000円1,500円952円
HDD200GB50GB120GB
DB50個1個20個
転送量制限70GB/日60GB/日80GB/日
自動バックアップありなしあり
無料お試し10日間10日間14日間

※価格は税抜きです。

レンタルサーバーの選び方

3社の特徴を紹介し、一覧で比較しました。
それぞれに良い面と悪い面があるのが分かったかと思います。

自分の置かれている環境を考えて、最も合いそうな会社を選ぶといいでしょう。

ある程度アクセスあるブログを移行させたい人

たとえば、現時点で無料ブログなどでサイトを運営していて、WordPressに移したいという方。
しかも結構アクセスがある。

そういう方にはエックスサーバーがおすすめです。
理由としては、処理能力が高いから。

今やサーバーの処理能力はSEOにも大きくかかわってきます。
せっかく育てたサイトを性能の悪いサーバーに移して503エラー(アクセス超過で起きるエラー)が起きることのないように、高性能のサーバーに移すべきだと思います。

アクセスの目安としては、月に数十万PVを超えている場合。
こういった方は最初からエックスサーバーにした方がいいと思います。

エックスサーバーの公式サイトはこちら

初めてサイトを運営する方

初めてサイトを運営する方は、ロリポップかさくらインターネットをおすすめします。

理由は、2つ。

  • 安い
  • 現時点でアクセスの集まるサイトになるか分からない

初めてサイトを運営する方は、どういうサイトに成長していくは不透明な部分が多いですよね。
月間100万PVを超えるサイトになる可能性もあれば、数カ月で挫折する可能性もある。

そういった方がいきなり、高いお金を払って高性能なサーバーにする必要はなく、
まずは安いサーバーからで十分です。

アクセスが増えてきたタイミングで移行を検討すればいいかと思います。

ですのでまずは、ロリポップかさくらインターネットをおすすめします。

ロリッポップとさくらインターネット どちらを選ぶ?

では、ロリポップとさくらインターネットではどちらを選べばいいでしょうか。
注目すべきは、以下の2つ。

  • DB数
  • バックアップ機能

ロリポップのライトプランでは、登録できるDB数は1つ。そして、バックアップ機能はありません。

DB数は、言い換えれば、インストールできるWordPressの数です。
複数のWordPressをインストールしたい方(複数のWordPressサイトを運営したい方)は、DB数が2つ以上のものを選ばなくてはいけません。

そして、もう1つ。バックアップ機能です。
これは、サーバー会社の方で、一定の周期で自動的にバックアップを行ってくれるといった機能です。
操作を誤ってサーバーのファイルを削除しても、バックアップがあれば復元できますよね。

このバックアップ機能が、

  • さくらインターネットは無料。
  • 対して、ロリポップは月300円です。

つまり、バックアップ機能を付けて両者を比較してみると、以下のように全体的にさくらインターネットが勝る結果となります。

 ロリポップ

(プラン:ライト)
さくらインターネット

(プラン:スタンダード)
月額(バックアップ機能つき)600円477円
初期費用1,500円952円
HDD50GB120GB
DB1個20個
転送量制限60GB/日80GB/日
無料お試し10日間14日間

もちろんバックアップ機能を付ける前提ですので、不要な方はロリポップを選ぶといいでしょうが、
初心者のうちは、何が起こるか分からないので、バックアップ機能が付いていた方が安心できます。

ロリポップの公式サイトはこちら

さくらインターネットの公式サイトはこちら

まとめ

WordPressを自動インストールできるレンタルサーバーのおすすめと選び方を紹介しました。

アクセス集まるサイトを運営しているなら、エックスサーバー。
初心者の方が試しに使うなら、ロリポップかさくらインターネット。