ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

誰も教えてくれない。ミノキシジルタブレットの嫌すぎる副作用

      2016/10/02  

薄毛に悩む人が最終的に行き着く先が、プロペシア&ミノキシジルです。

わたしのサイトを訪問してる人のほとんどが薄毛で悩みすぎて、ついには薬に手を出そうとしている・・・。そんな状況ではないでしょうか。

プロペシアもミノキシジルも薬ですから当然、副作用があります。薄毛治療をするということは副作用を受け入れないといけません。

ですが、薄毛治療クリニックや海外個人輸入サイトに行っても副作用の説明はほんのちょっとだけです。「まぁほとんどの人は問題ないから」ってな感じの説明。

ただし1点だけ、ミノキシジルタブレットについてはめちゃくちゃ嫌な副作用が存在します。それも多くの人に高確率で起こりうる副作用です。

これをどれだけの人が理解してから服用してるのか疑問だったので記事を書きました。

結論から言うと、わたしはこの副作用が嫌すぎてミノキシジルタブレットの服用は止めました。人によってはそれくらい嫌な副作用なのです。。

その副作用とは「体毛の激増」です。

体毛が激増

24165602883_9860e8950bphoto credit: Rich B., 36 via photopin (license)

ミノキシジルタブレットの効果はみなさんこ存じの通り、髪の毛を生やす作用があります。これは自分の実感としては揺るぎのない作用です。髪の毛のヘアサイクルとか無視してマジで生えてきます。

ただし!!!

生えてくるのは髪の毛だけではありません。おせっかいなことに全身のありとあらゆる毛に効果を発揮します。毛が生えているところはさらに濃くなり、毛がないところには新たな毛が芽生えます。

上の写真はイメージ画像ですが、実際にこんな感じになる人もいるということです。めっちゃ嫌じゃないですか・・・。髪の毛あってもプールも温泉も行けなくなります。

わたしが特に嫌だったのが腕毛やすね毛ですね。。

2995353459_e84afa0585photo credit: Socceraholic 7One: "Feel The Rain on your Skin!!" via photopin (license)

ミノキシジルタブレット飲み始めてからみるみる濃くなって本当に嫌でした。「今何時?」って聞かれて腕時計見せるのが恥ずかしいレベル。時計の隙間から毛がわっさわさ出てるんですから笑

濃くなるというのは具体的には、毛が長くなって太くなる感じですね。多くの人の腕毛って今は薄いからさほど目立ってはいないのですが、太く黒々としてくると同じ長さでもかなり目立ってきます。

見た目気にして薄毛を隠そうと必死なメンタルのやつが、気持ち悪い腕毛やすね毛を晒して耐えられるはずもなく。。

わたしは断念しました。

しかし毛が生える効果は本物

副作用で全身毛むくじゃらになるって話しましたが、逆に言えばそれだけ毛を生やす力があるということです。

たぶんですが、ミノキシジルタブレットが効きやすい人ほど全身の毛も生えるのではないかと思います。

倍々に増えていく感覚

ミノキシジルタブレットは特に顕著ですが、今少しでも生えてるところはめっちゃ生えます。

薄いかもなぁ。。程度のところであればもう数ヶ月で薄毛だったころのことは忘れているはずです。

目に見えて薄くなってきているところ。これももちろん生えます。しかし、ゆっくりです。産毛はほぼ間違いなく生まれると思いますが、こいつがちゃんと成長するかどうかは、自身の男性ホルモン(AGA)の強さとの戦いですね。

ミノキシジルタブレットとプロペシアでも太刀打ちできないほどの男性ホルモンがあったら産毛が生えても成長しきる前に抜けちゃう可能性もなきにしもあらず。だから、男性ホルモンの作用によって禿げてる人は、プロペシアと一緒にミノキシジルを服用すると効果がより出やすいというですね。

あえて確かめたいならミノキシジルタブレットの服用を途中で止めてみるといいですよ。すぐ禿げますwww

一旦まとめ

ミノキシジルタブレットはまぁまぁ生えてる毛には絶大すぎる効果を発揮して、薄毛の髪には大いなる力を発揮します。

まぁ効果があること自体は変わりありません。実感としての効き具合の差です。

毛を生やすという効果がありすぎる分、髪の毛だけでいいところを他の全身の毛に作業してしまうことが嫌すぎる副作用ですね。上で紹介したような画像みたいに毛が生えてくる可能性がありますからね。特に腕毛に関しては嫌すぎて一回除毛クリーム使って剃りましたからね笑

ミノキシジルタブレットを服用する方は、全身がもじゃもじゃになるリスクを覚悟して服用しないといけません。

体毛を濃くしない方法

じゃあ、体毛を濃くするか、禿げていくか・・・。この2択しかないのか。とお思いかと思います。

ここに大きな情報格差があります。

結論から言うと、ミノキシジルでも部分的に作用させる方法はあります!!!しかし、誰も教えてくれないのです。薄毛のことをインターネットで調べても、タブレットのことばかりだし、薄毛治療クリニックに言っても勧められるのはタブレットだけ。

タブレットが積極的に進められる原因として考えられるのは、2点。

  • 体内に直接取り入れるから効果が出やすいため、続けてもらいやすい。(クリニックの場合)
  • タブレットの存在しか知らない。(インターネットの場合)

クリニックなどは、まず効果を出して続けてもらってお金を出し続けてもらうことが大事です。タブレットのほうが確実に体内に成分を浸透させられるため効果が出やすいとされています。だからクリニックでは、タブレットがまず提案されます。

インターネットでは、タブレットしか知らない人が書いているであろう記事が多いですね。多くの人がミノキシジルと言えばタブレットという認識を与えてくるため、わたしたちは勘違いしてしまっていたんです。

ミノキシジルは頭皮に直接塗れ!

前置きが長くなりましたが、ミノキシジルを部分的に作用させるには、タブレットではなく塗り薬を使用します。

育毛剤を使ったことある方ならイメージしやすいと思いますが、頭皮にトントンって湿布するやり方です。

気になる箇所をピンポイントで狙える

ミノキシジルを直接塗ることによるメリットは、全身の毛に作用しないことはもちろんですが、さらに、頭皮の気になる箇所をピンポイントで狙えるということが言えます。

生え際が気になる方はそのあたりを重点的に、頭頂部が気になる方はそのあたりを重点的に、といった感じです。

わたしの場合は、前髪の生え際が一番気になるため、そこを重点的にやっています。全身のあらゆるところで効果を分散させるよりも、ミノキシジルの成分を無駄にしない効率的なやり方ですよね。

頭皮環境は清潔にすること

塗り薬よりタブレットのほうが効果が高いというお話をしましたが、それは毛穴が皮脂で詰まっていたり汚れていた場合に、ミノキシジルを頭皮に塗っても成分が浸透していかない可能性があるからですね。ですから、効果を最大限に出すためには頭皮を清潔に保つ必要があります。(薄毛を気にしている方だったら最低限やっていてほしいところではあります。)

わたしは、洗浄力の高いスカルプDシャンプーを使っています。ノンシリコン系のシャンプーがいいですね。

塗り薬を湿布する際は、頭皮を洗った後が最も効果的です。

全身のモジャモジャが消える

全身のモジャモジャが嫌で塗り薬に変えたという話をしてきましたが、塗り薬に変えてからめちゃくちゃ嬉しかったのが、それまで生えていた全身のもじゃもじゃが元に戻ったことです!

つまりは、わたしが理想としていた髪の毛は生えるけど全身はモジャモジャにならないという作業をもたらしてくれるのがミノキシジルの塗り薬なのです!

ミノキシジルの外服薬(塗り薬)を処方してくれるAGAクリニック

最後に、どうやってミノキシジルの塗り薬を手に入れるんだって話ですが、ルネッサンスクリニックが安くて最近はそこばっかにお世話になっています。

rs-clinic

プロペシアの最安値の病院比較でも紹介してますが、ルネッサンスクリニックはとにかく薬が安い!

ミノキシジルの塗り薬として、昔は7,800円のリアップx5を使ってましたが、ルネッサンスクリニックだと5,800円です。毎月2,000円の節約になりますよね。わたしは服用する薬は決まっているので、できるだけ安いところがいいということで、ルネッサンスクリニックに通っています。

薄毛治療薬は一生飲み続けないとダメな薬でもありますので、毎月の出費はできるだけ安く抑えるようにした方がいいですよ汗

⇒ ルネッサンスクリニックの公式サイトはこちら