伊坂幸太郎「陽気なギャングは三つ数えろ」の感想

シリーズ中一番のハラハラドキドキ感

「陽気なギャング」シリーズ3作目である本書は、シリーズの中で一番のハラハラドキドキ感を味わいながら読みました。
ストーリーの構成はいつもと変わらず、4人が銀行強盗を行い、トラブルに巻き込まれて解決のために奔走するのですが、トラブルに次ぐトラブルに追い込まれていく様子にドキドキしっぱなしでした。
いつも冷静沈着で、銀行強盗中でさえ落ち着き払っているリーダー成瀬は、どんなトラブルが起きても頼りになるので常に安心して見ていられますが、今回はそんな成瀬にも「大丈夫かな?」と心配してしまったくらいです。
今回は、銀行強盗中にケガを負ってしまった久遠と、かなりタチの悪いジャーナリスト火尻がひょんなことから出会ってしまったことからトラブルに巻き込まれることに。
上品とは言えないジャーナリズム精神を持つ火尻は、久遠や仲間の成瀬たちを銀行強盗だと勘づき、自身の借金を返させようとしたり彼らの素性を記事にしようと目論み、ちょっかいをかけてくるようになります。
そして火尻が追いかけていたアイドル宝島沙耶や、火尻が借金をしている大桑という人物など、火尻を中心としたその周辺の人たちも関わってきて、話は複雑に絡み合っていきます。
火尻のタチの悪さによって追い詰められていく4人組に読む手が止まらなくなり、いつものごとく一気に読み上げてしまいました。

4人組にも負けない癖のある敵

人の嘘を見抜く天才、成瀬。
演説の天才、響野。
正確な体内時計を持つ雪子。
スリの天才、久遠。
それぞれに突出した能力を持つ4人はそれぞれにとても個性的です。
リーダーの成瀬は達観という言葉がぴったり当てはまるような、頭脳明晰でいつも冷静沈着なのに対して、響野はお喋りが大の得意。
あることないことユーモアたっぷりに話しまくる性質を持っていて、メンバーにうっとうしがられるところもご愛嬌。
そして、落ち着いていて凛とした雰囲気を感じさせる雪子に、動物好きでどこか飄々としている久遠。
4人がいつものように喋っている日常を見るのが、本シリーズの魅力の一つだと思います。
それくらい彼らはそれぞれ異なる濃い個性を持つのですが、今回はその濃さに負けないくらい癖のある敵が印象的でした。

本書で一番印象に残ったキャラクターと言えば、やはり火尻です。
現実にもこういう人っているんだろうな、と思ってしまうような絶妙なタチの悪さ。
人間の黒い部分を最大化したような人物で、正直に言ってしまうと、見ていて不愉快なことばかりでした。
人間の弱い部分やグレーな部分を面白おかしく書き、人の野次馬精神をかき立てるような記事を専門とし、書かれた人がどうなろうと一切興味がないという性格。
本人は、自分は間違ったことを書いているわけではなくどう思うかは読者の自由だ、と開き直っているくらいですが、現実の世界にも同じようなことって起こっているよなあと考えさせられました。

そして、火尻が借金をしている大桑という若者もなかなかの濃いキャラクター。
前作の2作では、敵は典型的な裏稼業、という感じでしたが、大桑は少し性質が異なるように思えました。
ギャンブルを仕切っているのは確かですが、法外な雰囲気というよりは、淡々と粛々とギャンブルをしているという感じ。
野蛮な空気を感じさせず、むしろ冷静な切れ者です。
と同時におばあちゃん子だったり、形見の亀を大事にしていたりと、一風変わった興味深い敵だと思います。

4人組もかなり濃いキャラクターの持ち主ですが、今回は彼ら同様に敵も濃かったのが印象的でした。
今回大桑の亀が物語を大きく左右することになるのですが、その方法と大桑の反応に驚く人が多いのではと思います。
ちなみに、私にとっては意外な展開すぎて、本書のことを思い出すときはそのシーンが一番に連想されるくらいです。

おなじみのユーモアたっぷりの会話

「陽気なギャング」シリーズの魅力の一つは、4人の何気ない会話。
異なる性格をしている4人が話すと、噛み合っているような噛み合っていないような、見ているだけで面白いのです。
久遠が火尻にスリを働きパスケースを取ってきたシーンでの会話。
成瀬「週刊誌記者か」
響野「あ、成瀬、おまえ今、週刊誌記者はずかずかと人のプライバシーに首を突っ込む、無神経な奴だと思っただろ?な、そういう偏見を抱くのはどうかと思うぞ。いいか、たとえば」
久遠「このボタンを押したら、響野さんのお喋りが止まる、とかないのかな」→話を遮る
成瀬「いい週刊誌記者もいれば、悪い週刊誌記者もいる。正確に言えば、どの週刊誌記者にもいいところと悪いところがある、と言うべきか。人はみんなそうだ。」→響野に続きを話させないようにする
雪子「でも久遠、せっかく取って来たのに悪いけれど、それ返してきてもらっていい?」

このような自然な会話が見所で、特にお喋りの響野とそれを面倒くさがる久遠のやりとりはとても面白く、シリーズを追うごとにその面白さに磨きがかかっています。
ボケとツッコミが成り立っているので、小説の中の会話とは思えないくらいユーモアが自然に伝わってくるところはさすが伊坂幸太郎。
こんな会話が物語全体に散らばっていて、緊迫したシーンでもあまり変わらないテンションを保っているので、肩肘張らずサクサク読めちゃいます。

シリーズ通して楽しめる空気感

「陽気なギャング」シリーズで好きなのが、小説の初っ端に説明される「銀行強盗は四人いる。」のくだりと、章タイトルが小洒落ているところ、節ごとに出てくるユーモアたっぷりの辞書。
シリーズ3作とも、銀行強盗が4人いる理由を説明しているのですが、そのくだりがなんとも秀逸。
銀行強盗が、1人でも2人でも3人でもダメな理由を説明しているだけなんですが、言葉のチョイスや説明の仕方、短い文章の中にも伊坂幸太郎のセンスが光っています。
また、章タイトルが小洒落ているところにも心が躍ります。
ちょっと長めで間延びしたような章タイトルは逆に洒落ていて、明確なメッセージ性があるというよりは、ユーモアたっぷりに4人組の日常を描いた「陽気なギャング」シリーズならではのタイトル付けだと感じました。
そして、節ごとに出てくる独自の辞書も見所。
本シリーズの構成は、章の中でも4人組それぞれの視点が取り入れられていて、成瀬→響野→雪子→久遠→成瀬→‥のように視点が循環していきますが、節を表す言葉を辞書のような形で説明しています。
正しい意味や用法を説明しているのと同時にオリジナルの意味を付け加えていて、その内容にクスッと笑ってしまいます。
伊坂幸太郎の感覚を知ることができるようで、親近感すら湧いてしまいました。
シリーズを通しての変わらない空気感は、ストーリー展開だけでなくこのように細部にもあり、読む楽しみの一つでもあります。

読後の爽快感が最高

「陽気なギャング」シリーズは、何と言っても読後の爽快感が最高です。
私は3作とも一気に読み上げてしまいました。
それくらいスピード感のある展開で、早く続きが知りたいと思い読む手が止まらなくなります。
重たい内容ではないので、テンポの良い展開に合わせてどんどん読み進めることができるのではないでしょうか。
4人組が銀行強盗を行い、トラブルに巻き込まれて、解決に向けて東奔西走する、という話の流れは変わっていないのに、飽きることなく楽しめます。
基本的に勧善懲悪のストーリー性を保っていることと、銀行強盗をしているとはいえ4人が根本的にとても良い人達なことがそうさせるんじゃないかと思いました。
面白い小説はたくさんありますが、本シリーズはサクッと読めて単純に「あー面白かった!」と言える、エンタメ要素たっぷりな作品。
伊坂幸太郎作品の中でもただただ楽しくて気負わず読めるので、本格的なサスペンスはちょっと‥という方にもオススメ!
続編があるかどうかは分かりませんが、出たらすぐ読みたいシリーズです。