ぱんぶろ

パンジーの「いいね!」ブログ

AGAって何?治療の中身や費用、効果について徹底的に解説します!

     

AGAって名前は聞くけどよくわからないという方へ。

みなさんのAGAの理解って「な、なんか薄毛になるやつ・・・」くらいの認識ですよね?うん、そういうことにしておいて、AGAがなんたるかを知らない皆様に、一足先にAGAを克服したわたしがAGAについて徹底的に解説します。

薄毛に悩むみなさま、長いですが必死についてきてください!
そしてともに解決しましょう!

AGAとは?

まずはAGAの正式な定義から。
AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

言葉の通り、対象となるのは男性だけです。女性がAGAになることはありえません。

前頭部や頭頂部から薄くなっていく症状のことで、特徴としてはじんわりと進行します。

特徴1 : ゆっくり進行

AGAの大きな特徴として、ある日突然ごっそり髪の毛が抜けるということはありません。毎日毎日少しづつ進行していって、気がつくと「あれ?薄いかも・・・」と思うようになります。

わたしも薄毛を気にし始めたのは22歳くらいの頃ですが、「マジでヤバい・・・!」と思うようになったのは、27歳くらいです。5年もの間、騙し騙しで対応できるほどの進行の遅さです。

ここで絶対に覚えておいてほしいのは、確実に薄毛は進行するということですね。

AGAが発症してしまったら、どこかで薬を服用しない限り永遠に薄毛は進行していく恐ろしい症状です。

特徴2 : 毛が抜けやすい

AGAは、普通なら太くたくましく成長するはずの髪の毛が、成長しきる前に抜けてしまう症状です。 AGAの初期のころはこの抜けるまでのサイクルが長いのですが、AGAが進行するとどんどん抜けるまでのスピードが早くなっていきます。

ですからAGAの人は年をとるにつれて薄毛がどんどん気になるようになっていくんです。

正常時が外の円で、AGAが内側の円です。
%e6%97%a5%e6%9c%acmsd%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ab参考:http://www.aga-news.jp/secure/about_hair/index.xhtml

AGAの原因

では、AGAの原因って何なのでしょうか?

よく薄毛について調べていると、食生活、生活習慣、睡眠、ストレスなど、抽象的な原因が出てきますよね。おそらくAGAを調べている皆様も同じような経験をしているのではないでしょうか。

もちろん食生活なども薄毛の原因ではあります。でもそれはほんの小さな要因の1つに過ぎません。というか、クソみたいな生活してても禿げないやつは禿げてないですよね。

AGAはそういった生活習慣などとは一切関係なく、現在の科学においては、AGAの原因は遺伝であると考えられています。

つまりはAGAとは先天的なもので、どうやったって禿げるという残酷な運命にあるということですね。

ところで自分はAGAなの?

たぶんみなさんが一番気になるのが、自分はAGAなのかどうかでしょう。

結論から先にいうと、AGAかどうかのハッキリとした基準はありません

じゃあ病院などでAGAかどうかをどうやって判断しているかといったら、

  • 医師の経験
  • 結果論
  • 遺伝子検査

の3つですね。ちょっと1つずつ見ていきましょうか。

医師の経験

AGAかどうかの基準のほとんどは、AGAクリニックの医師の経験によるところが大きいです。

経験というか、薄毛の特徴から判断するといった感じでしょうか。

先程も説明しましたが、AGAは前頭部や頭頂部からゆっくり薄くなっていく進行形の脱毛症のことを言います。思春期を過ぎた男性にだけ発症します。

この情報だけを頼りに、医師はカウンセリングを行い、「たぶんAGAだろう」とうことで治療をスタートする感じですね。

結果論

あとで詳しく話しますが、AGAには専用の治療薬があります。

医師が「たぶんAGAだろう」と当たりをつけて治療を始めた際は、プロペシアという専用の治療薬が投与されます。

これを毎日飲んで経過を観察するわけですが、この薬が効けばAGAだし何年も効かないのであればAGAでなく別の方法を試す必要があります。

要は、結果論ですね。

プロペシアが効けば「AGAだ」ということです。

遺伝子検査

最後に上2つに比べるとちゃんとした治療っぽく見える遺伝子検査について。

毛髪、爪、頬の粘膜、血液などからDNAを採取検査します。

AGAの原因は遺伝だと言いました。遺伝というこは、DNAを調べればある程度分かるということですね。

ただし、これも絶対ではなく結果として受け取れるのは以下のような大雑把なものです。

  • AGAリスク大
  • AGAリスク小

医師の話だけでは心配な方は遺伝子検査もするといいでしょう。個人的には、AGAの特徴通りに薄毛になっている人はほぼほぼAGAだと思っているのでとりあえず薬服用でいいと思います。

治療は病院へ!

薄毛は治療する時代になりました。適切な治療をすれば治る時代になって禿げても救われる時代です。

芸能人でも多くの人がAGA治療を行っていて、薄くなってきてたのに不自然に回復している人はAGA治療を行っていると思っていいと思います。

薄毛治療って具体的にどうやればいいかというと、国内であればまずはAGAの病院に行くのが一番楽です。最初に行くときだけめっちゃ勇気がいりますが、慣れてしまえば全く抵抗感なく通えるようになります。

AGA用の薄毛治療薬であるプロペシアは、医療用医薬品といって医師の診察がなければ処方してもらえない薬になっています。

AGAを根本から抑制するにはプロペシアの服用が必須ですので、病院には確実に通う必要があるわけです。

無料で相談

通う上で気になるのが料金ですよね。いきなり恐ろしい金額請求されたら怖いな、と思っている方もいるかもしれません。

しかしご安心を。初回は無料です。

気になる方はまず相談だけでも行くことをおすすめします。

薄毛治療薬

無料相談をしてみて、この病院「いいな!」って思ったら実際に薄毛治療を始めるといいでしょう。

服用されるのは、プロペシアというAGA用の薬です。

詳しくは無料相談で聞いていただければと思うのですが、ざっくり説明すると、薄毛の原因であるジヒドロテストステロンを作らせない働きをしてくれる薬です。

薄毛治療薬として唯一国内で流通している薬であり、販売元はMSD社。処方は各病院ということですね。

AGAの薄毛治療は、基本的にはプロペシアを服用して経過観察を行うことを指します。

費用

プロペシアの気になる費用ですが、病院によってまちまちです。

高いと1万円/月くらいしますし、安いと6,500円/月で処方してもらえます。成分も販売元も同じですから、できるだけ安いクリニックに通った方がお得ですよね。

以下に、無料相談できてかつ、安い病院を並べています。病院を選ぶ際は参考にしてください。
国内承認のプロペシアの最安値を徹底比較!

他の治療薬

基本的にはプロペシアを服用することがAGA治療だと申しましたが、実はもう一つ薄毛に絶大なる効果を発揮する薄毛治療薬が存在します。

これは、AGAに作用するというよりは、髪の毛自体に作用して新たに髪の毛を生み出す力を持つ薬です。

ミノキシジルといって、プロペシアと並ぶ薄毛治療の2枚看板となっています。

両者は併用して服用が可能で、役割としては以下のとおり。

  • プロペシア・・・抜け毛を抑止
  • ミノキシジル・・・毛を生み出す

プロペシアだけでも薄毛は止まります。ただし止まるだけで新しい毛が生えてくるまでに時間がかかるんですね。

一方でミノキシジルは、髪の毛を生やす作用があります。プロペシアと併用することで、抜け毛を止めつつ髪の毛を生やすことができるため効果としては倍々で増えていく感覚です。

薄毛治療の効果を早く実感したい人は、プロペシアとミノキシジルを同時に服用することをおすすめします。

AGA治療の効果

さて、AGAや治療について説明してきましたが、実際に気になるのはここですよね。

効果はあるのか?

ここに尽きます。

わたしの経験から言わせてもらうと、絶大な効果がありました

下の写真はわたしの1年分くらいをまとめたものです。
【写真】プロペシア&ミノキシジルの効果は!?画像をもとに振り返ります!
usuge

プロペシア、ミノキシジルの併用でスタートしましたが、1ヶ月目から効果を実感しました。これはたぶんめっちゃ早い方だと思うのですが、確信に変わった瞬間でしたね。

「これはイケるぞ!」と。

実際の薄毛治療の効果については、以下の記事に写真付きでまとめてあるので参考にしてもらうとして、一般的に言われている効果と副作用について解説していこうと思います。

プロペシアの効果

プロペシアはAGA治療において一番最初に候補に挙げられる薬です。というかプロペシアを飲まないAGA治療は存在しないと言っていいほどAGA治療と言えばプロペシアです。

プロペシアの効果は、若い髪の抜け毛を防ぐ作用があります。

もっと細かく言うと、「2型5αリダクターゼ」という酵素が「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作ることを抑制しています。ジヒドロテストステロンというのは強力な男性ホルモンでこいつが髪の毛の正常なヘアサイクルを狂わせているとされている悪いやつです。

まぁ言葉が難しいのでこの辺の科学的なメカニズムは特にいいとして、効果として覚えておいてほしいのは、

プロペシアは早期の抜け毛を防ぎ、正常なヘアサイクルに戻す力があるということです!

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、髪の毛の毛母細胞に直接働きかけ、毛を生やします。

結構自分としては、革命的な薬で割りと毛根が死んだかギリギリの髪の毛にも効果を発揮して生やしてくれます。

ミノキシジルもAGA治療薬の分類がされていることが多いですが、ミノキシジル自体はAGAの原因そのものには全く関係ありません。ただ毛を生やす作用があるだけです。

何が言いたいかというと、ミノキシジルだけを服用してもプロペシアの原因を除外できたわけではないため、抜けやすい状態であることには変わらないということです。

ミノキシジルでせっかく生えてきた毛がすぐに抜けてしまうのは結構虚しかったりします。

ですからAGAの場合は、第一の選択肢がプロペシアで補助的にミノキシジルを服用すると効果が絶大になるはずです。

プロペシア ・ ミノキシジルの副作用

プロペシアもミノキシジルも薬ですから当然、副作用があります。薄毛治療を行う際は、必ず副作用を知った上で服用するようにしましょう。

プロペシアとミノキシジルの代表的な副作用を紹介します。最悪の場合こういったことが起こりうるという認識を持って服用を始めましょう。禿げるリスクと副作用のリスクを天秤にかけるのがいいと思います。

性機能に関すること

自分としてはここの副作用が一番怖かったです。確率としてはめちゃくちゃ低いのですが、性機能が低下して、最悪の場合、勃起しなくなるなんて・・・。

これまで説明してきたとおり、プロペシアは男性ホルモンにダイレクトに関わってくる薬です。ですから男性の性機能に関わるところに副作用が起こったりするんですよね。

  • 勃起機能不全
  • 性欲減退
  • 精液量減少

※追伸
管理人の場合は、性機能系の副作用はまったくなくてむしろ元気です。

多毛症

薬飲む前は別にそんなに意識してなかったのですが、服用してからめっちゃ嫌だなと思った副作用が多毛症。これはミノキシジルの副作用ですね。

多毛症って読んで字のごとく毛の量が増えることです。ミノキシジルは毛を生やす(生み出す)力があると言いました。みなさん無意識のうちに髪の毛が増えると思っているかもしれません。髪の毛も増えます。ただし、他の毛も増えます。ということなんですね。

すね毛とか胸毛とか腕毛とか、背中の毛とか、マジでめっちゃ嫌でした。

ミノキシジルの嫌すぎる副作用として以下の記事にまとめてますので気になる方は読んでみてください。
誰も教えてくれない。ミノキシジルタブレットの嫌すぎる副作用

肝機能障害

これも結構重めな副作用です。薬ですから肝機能への負担が大きいんですね。特にミノキシジルはもともとは高血圧を抑制するための薬ですからこういった部分に作用してきます。

異常を感じたら、すぐに担当医に相談したほうがいいですね。

初期脱毛

自分はなってないので気持ちは分からないのですが、多くの人が初期脱毛で悩むそうです。一応プロペシアの副作用とされているのですが、公式には初期脱毛があるとは言っていません。

ただ、人によっては最初に一ヶ月でごっそり抜けるそうでかなり不安になるそうな・・・。初期脱毛が起こる人、起こらない人について自分なりにまとめているので参考にしください。

プロペシアの初期脱毛って実際どうなの?体験者の声を集めてみた

AGA治療の流れ

AGAの治療の流れはどこのAGAクリニックでもだいたい同じです。これまで説明したように、AGA治療の基本はプロペシアとミノキシジルの投与です。パターンが決まっているので必然的に同じような治療になるんですよね。

1、 AGAクリニックを選ぶ

何はともあれ、AGAクリニックを探すことが第一です。治療費を安く抑えたいのであれば、プロペシアの価格が安い病院を選ぶべきだと思います。

以下にまとめてますので参考にしてください。
国内承認のプロペシアの最安値を徹底比較!

2、無料カウンセリング

AGAクリニックを決めたら無料カウンセリングを予約しましょう。

「いつくらいから薄毛が気になってますか?」
「父親やおじいさんは薄毛ですか?」
「頭皮のどの部分が気になりますか?」

といった自分の薄毛について赤裸々に暴露する必要がありますので、正直に伝えましょう。マイクロスコープで頭皮を映されたり結構恥ずかしいです。

ちなみにこのカウンセリングまでは無料です。

3、治療コースを選択

無料カウンセリングで病院を気に入ったらそのまま治療を開始してもいいでしょう。気に入らなかったらそのまま帰っても大丈夫です。

おそらく、最初は高額なコースを進められるはずです。6ヶ月60万円くらいのやつ・・・。お金に余裕があればそれを受けてもいいでしょう。たぶん効果が出ます。

しかしお金に余裕がない人は、まずはプロペシア(もしくはプロペシア&ミノキシジル)だけを処方してもらって様子を見るのもいいかと思います。

4、プロペシア服用

毎日決まった時間帯にプロペシアを服用してください。

これだけですね。薄毛治療ってもっと仰々しいことするイメージがあるかもしれませんが、やることってただ薬を飲むことだけなんですよね。

あとは定期的に病院に通って薄毛の経過観察をしてもらうといった流れです。

勇気がいるのは最初だけ

振り返ると薄毛にホンキで悩んでいた時期でも薄毛治療医院に行くことはとても勇気のいることで、めっちゃ緊張していたことを覚えています。

今ではAGA治療していることも恥ずかしいともなんとも思わないようになりましたが笑

たぶん皆さんも病院に行くことに抵抗を覚えている人が多いでしょう。しかし断言できます。本当に勇気がいるのは最初だけです。

AGAは薬で抑えられる時代です。本気で薄毛に悩んでいるのであれば、選択肢は病院しかないと個人的には思います。

効果があるかないのか分からないシャンプーや育毛剤をいつまでも使っていたって不毛なだけですよ笑